RAN-GOON/ORIGINAL

こちらは梶本潤のBlogサイトです。
TOPスポンサー広告 ≫ 悲しい…。TOP仕事 ≫ 悲しい…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

悲しい…。






昨日ギリギリまで遅れてしまった仕事がやっと終わり、今日夜勤明けでちょうどお休みのダンナと一眠りしていたんですが、その枕元で愛猫サミーが亡くなりました。
亡くなる10分程前に、目が覚めて新聞を取りに布団を出た梶本の後ろをついてきて、いつものように足元にまとわりついて来た所で頭を撫でてやり…まだ起きるには早いともう一度寝床に入った私を追って、いつものようにダンナと私の枕元に。
そして再び眠りに付いたと思ったら突然耳元で唸り声が聞こえて…発作の様な症状を起こして、10秒もあったでしょうか。本当に一瞬でした。

ダンナと私にだっこされてぐにゃぐにゃになったサミーに、ただただ苦しみが短く済んで良かった…としか感じられませんでした。

猫エイズと白血病を持ってたので、きっといつか発症すれば長い苦しみが待っていただろうから…。
17年、まだまだ毛づやも良くて元気な子でしたが寿命を全うしたのかなと…。


昼になっていつも仕事してるコタツに入って、甘えて来てくれる子が居ない事に違和感と寂しさを感じ。
きっとこれからも暫くそんな空っぽな感じを味わうんでしょうね。
けどこれまで飼い主の都合で留守番させられたりしても、帰宅すれば無条件に甘えて家族を癒してくれたサミーを思えば、これからは私やダンナがまたサミーに会える日まで我慢して待たなきゃですよね。

でも本当にたまたま、ダンナも仕事がお休みで梶本も仕事が終わった所で。1日ゆっくり傍に居ることが出来ました。二人で看取ることも出来たし…親孝行な子でした、サミー。
これからは庭から飼い主の頑張りを見守ってやってね。


サミーのこといっぱい可愛がってくれた友達とか、個人的にお知らせしたい人は沢山居るんですが…やはり簡単に整理はできないので暫くは家族で在りし日のサミーを偲びます。


あと、サミーが亡くなって2時間後くらいに編集部からコミックス「穂積くん~」の読者様アンケートやお手紙が届きました。
何か…元気頂きました。ホントにホントに、ありがとうございます。頑張ります。


ではでは、今日は本当に個人的な更新ですが、またコメント返しなどは改めてさせていただきます。

あと、サミーの写真も上げちゃいます
^^

良かったら一緒に見送ってやってください。
スポンサーサイト

Comment

はじめましてです。
編集
大事な人(猫ちゃん)を亡くしたなんともいえない無力感とか虚無感とか、何も手につかない感覚はよく分かります。
サミーちゃん、ほんとに先生たちが大好きだったんですね。
きっと、「いままで有難う」って気持ちで、お二人のそばで眠ったんでしょう。
・・・ほんと、親孝行な猫ちゃんですね。
泣いちゃだめですよ。
泣いちゃだめって、サミーちゃん、お庭から言ってるです。絶対。
2011年01月23日(Sun) 20:20
ご冥福お祈りいたします
編集
こんばんは
しゅうと申します
この度は、ご不幸大変残念に思います。
私ももうすぐ愛猫ゴロを無くして3年経とうとしています。
私のゴロは白血病でした。約8年という短い人生、安楽死という選びたくない選択をせざるえなかったことは今でも覚えています。
サミーちゃんは、苦しまず行けたようですね?
悲しいけれど、大切な家族が苦しむ姿は、とてもみていられるものではありません。
さて、梶本先生は運命と言うものを信じますか?
私は信じようと思います。
ゴロを亡くして半年後、姿形は違くとも、新たな猫が私の家に迷い込んできました。
悲しみにくれていた我が家を癒すためのように、それはそれは人懐っこく。
ただの偶然と思うかも知れませんが、
私は生まれ変わってくれたんだと思ってます。
仕草が段々、生前のゴロに似てきて(笑

きっと、待っていればサミーちゃんは会いに来てくれるかも♪
そう信じて待つのも悪くないと思いませんか?

人生はドラマチックですからヽ(´▽`)/

次の作品楽しみにしています
2011年01月24日(Mon) 03:01
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年01月24日(Mon) 18:41
編集
サミーちゃん…家族の側で最期を迎えられて幸せだったと思います。
ウチも5年前に愛犬を亡くした時は涙が枯れるほど泣いたし、何日も何ヶ月も、思い出しては泣きました。
柴犬の雑種だったんですが、家飼いしてたんで、ワサワサの毛が手の届くところに居てない事に慣れるまで時間が掛かりました。

おもいっきり泣いて、サミーちゃんの事を沢山思い出して覚えててあげてください。
2011年01月25日(Tue) 15:58
ご冥福お祈りします。
編集
サミーちゃん残念でしたね。でも、お父さんお母さんにみとられてきっと幸せな最期を迎えたはずです。ご冥福お祈りします。

先日はメールありがとうございました。
すぐにお手紙出したかったんですが、ここのところ忙しくてまだ出せてません(>_<)
今月中には出せると思うのでお待ち下さい。
2011年01月25日(Tue) 22:04
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年01月26日(Wed) 23:35












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

梶本潤

Author:梶本潤


当サイトにあるすべての掲載物の無断複製・転載等を禁じております。

サイト管理:こてちん
2013/7/1:テンプレート変更し、IE8以降の表示不具合をようやく修正しましたデス。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。